Donald Trumpの下にあるPENCEとは?調べてみた

福田です。泡沫候補と最初は思われていたのがのし上がって大統領になった、共和党トランプ氏。よくトランプ氏の集会や会見の台にDonald Trumpとともに書いてある謎のペンスという言葉。それはトランプ氏の名前の一部ではなく、人名であることがわかりました。今回はその「PENCE」氏についての役職、歴史などをご紹介します。ちなみにトレンド狙いではないです(純粋に興味を持った)

Sponsored link

マイク・ペンス氏の写真。Wikipediaより

By Gage Skidmore, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=51046505

ペンス氏は副大統領

ペンス氏はドナルド・トランプ氏の副大統領になる予定の人物で、本名「マイク・リチャード・ペンス(Mike Richard Pence)」
と言います。まあ今後はマイク・ペンスで通用していくことになるでしょう。

ペンス氏のざっくり経歴

ペンス氏は1959年6月7日インディアナ州コロンバス生まれの2016年現在57歳、六人兄弟の元、生まれと同じ場所で育ったそうです。コロンバス北(Columbus North)高校卒業後、ハノーバー大卒。ちなみにIBリーグ参加校ではありません。その後1986年にロースクールを卒業、弁護士になりました。1988年と1990年はインディアナ州代表の選挙戦に立候補しましたが、2度とも落選。
その間妻のカレン・ペンス氏にほとんどの生計を立ててもらっていたようです。1990年の回ではネガティブキャンペーンも積極的に行ったようです。とはいえアメリカです。まあ、しょうがない。実際のところ話は違いますが携帯会社なんかは名指しでネガティブキャンペーンやっています(Tモバイルがベライゾンを狙い撃ちにしたり、metroPCSがスプリントを狙い撃ちにしたり、今度はベライゾンがスプリントとTモバイルを狙い撃ちにしたり…)。

それからしばらく諦めて(?)、2000年、現インディアナ州第6地域にて任期2年のインディアナ州の第107期代表の選挙に再度立候補。その回は当選します。当選後、草の根運動にも参加。スローガンも作り、それをラジオで宣伝します。スローガンは「”a Christian, a conservative and a Republican, in that order.”(意訳:クリスチャンで保守的な共和党員)」。それから2013年までの6期連続で当選します。日本でいう農水省や外務省関連を主に勤めていたことから、トランプ氏の求めていることがうっすらとわかった気がします。

2012年、第50期インディアナ州知事選に立候補、当選します。任期満了に伴う2016年インディアナ州知事選挙に2期目を目指し再度立候補しますが、1ヶ月後に同党のトランプ氏の選挙戦サポートのため辞退します。
そしてトランプ氏が大統領選に当選、現在に至ります。

子供は3人だそうです。という中トランプ氏とは対照的に政治経験がっつり積んでいて、それでいながらぽっと出で当選してしまったトランプ氏とは違い、2度落選していることから結構選挙や政治に関する知識はありそうです。

他にわかっていること

マイク・ペンス氏は昔から大統領候補を狙っており、またかつて一回党首候補として立候補したこともあったようです。また、下院議長のポール・ライアン氏からも支持されているようです。

まとめ

  • 保守派の共和党に所属しているクリスチャン
  • 共和党の大物からも支持されている
  • 生粋の政治家、外務省や知事なども歴任
  • ペンス氏は2017年1月20日からトランプ大統領とともに副大統領になる

結局、トランプ氏は政治経験0に近いですが、バックに大物がいるのであの過激なトランプ氏を多少は落ち着かせることもできると思いますし、そういう面では安心と言えるでしょう。私はそう思いました。

Sponsored link

Sponsored link

Leave a Reply