WordPressが遅い?ならこれを使え!

福田です。今日はプライム・ストラテジー社の「KUSANAGI」のご紹介です。キャッシュは使いたくない(僕自身、これにはデメリットがあるので慎重派です)、でもWordPressを早くしたいっ!というスピード狂?や、純粋にサイトのアクセス数増加によって速度が低下している場合、その他検索順位向上を目指す場合にお勧めするものです。

Sponsored link

草薙沙耶

メリット

  1. 他社の高速化VM、ソリューションよりKUSANAGIは、多くの場合において早い。
  2. そしてCLIサポートが充実していること。
  3. 最新技術(Let’s EncryptやHTTP/2など)を貪欲に取り入れていること。
  4. 独自で高速化するより断然効果が出て、また構築の時間を削減できること。

何より、私がとあるWordCampで他社の方が「率直に言えば、KUSANAGIのコード(?)も研究させてもらってます」と言ってたのが印象的でした。他社に参考にされるということはかなりすごいのであろうな、ということが容易に察せました。

デメリット

ウェブコンソールがない。これは私自身重大な問題として認識しています。初心者が使いにくいことは重大な問題として認識しております。
いずれこれがリリースされると思いますが、サードパーティとして私が簡易版を8-9月頃に提供しようと思います。やらない可能性もありますが。
クラウドでしか使えない。(これは実はyumのリポジトリを確認して登録すれば動きます…ココだけのハナシ。動作はもちろん保証しませんが。)
CentOS版しかない。世界ではUbuntuが標準です(参考ページ)。インターナショナル版を作るのであれば、Ubuntuを使い海外の方でも扱いやすいように作るべきだと思います。実際のところ、コンフィグを持って行ってちょっといじれば動くのですから、メンテナンスコストは高くないと思っています。

導入方法は簡単

導入は各クラウドからテンプレートを確認(検索機能があれば「KUSANAGI」と検索)、使用するように設定し、インスタンスを立てるだけです。あと公開用URLを用意しておくと便利です。

ログイン後、以下のワンライナーを実行すれば、最速10分ですぐに公開できます。(your_profile)は置き換えてください。

sudo sh -c 'yum update -y && kusanagi init && kusanagi provision (your_profile) && reboot'

移行するなら以下のコードを再起動後実行ください。あらかじめ作業ディレクトリに入り、SQLファイル(kusanagi.sql)、wp-content配下のファイルは作業ディレクトリに置いておいてください。MySQLのユーザー名とパスワードはkusanagi provision時のものに置き換えてください。プロファイル名も置き換えてください。他に必要なものがあるのであれば、別にコピーしてください。

sudo sh -c 'mysql -u (provision_username) -p < kusanagi.sql && cp -r ./wp-content /home/kusanagi/(profile_name)/DocumentRoot/'

これだけですぐに利用を開始できます。ぜひ一度お試しいただくと、その魔法の早さに虜になると思います。

まとめ

「WordPressは良くも悪くもいい。けれど、KUSANAGIを使うと悪い点さえ良い点に変えてしまう。素晴らしいチューニングがなされたプロダクトである。」
この言葉でこの記事を締めようと思います。

この記事はプライム・ストラテジー社員、KUSANAGI開発担当の私の宣伝でした。

Sponsored link

Sponsored link

Leave a Reply