Spotify日本版を使ってみた!邦楽は割と少なかった

使ってみよう

インストールが終わると、Spotifyアプリが自動起動します。
注意していただきたいのは、Macのログイン時、自動起動に設定されることです。自動起動したくなければ、DockからSpotifyのアプリのメニューを出し、オプションへ進み、「ログイン時に開く」のチェックを外します。

Spotifyアプリが起動されると、ログイン画面が最初に出て来ます。登録時に入力したアカウント名、パスワードを入力するか、連携済みのFacebookアカウントでログインします。

Spotifyアプリのログイン画面

次に、初回ログイン時には利用条件改訂の案内が出るのでこれも同意します。しないと使えません。はい。

利用条件改訂の同意画面

同意したら早速使えるようになります。

レビュー

Spotfiy起動直後のブラウズ画面

画面を見ての通り、巷で話題の曲、CMで話題の曲や季節の曲を聴けるようになっています。季節の曲はGoogle Play Musicでも似たようなものがありますが、話題の曲などのがプレイリストがあって、そこから聴けるというのは大変興味深いものがあります。
ちなみに、「CMで話題の曲」は例えばこんな曲がありました。カッコ内は使われたCM、知らなければアーティストが入っています

  • 海の声(KDDIのCM)
  • 歓喜のドライブ(EXILE)
  • All You Need Is Love(ビートルズ)
  • 薔薇のように咲いて 花のように散って(松田聖子)
  • 他人との関係(一青窈)
  • ABC(ジャクソン5)

日本人で特に有名なアーティスト4組と、洋楽で有名なアーティスト2組の曲を出してみました。
「坂本九」で検索をかけてみましたが、なんと「上を向いて歩こう」ではなく「Sukiyaki」(上を向いて歩こうの海外版)が出て来ました。
「中島みゆき」ではコラボした人との曲しか出て来ません。
写真は故坂本九氏の検索結果です。

故坂本九氏の曲を検索した結果。Sukiyakiしか出てこない。

では日本を代表するほど有名なアイドル「AKB48」はどうでしょうか。
こちらはかなりの曲がありました。さすがにカバーしてますね。でもカバー曲はあまりないです。

AKB48の検索結果。結構ある。

ちなみに「嵐」はあまりに検索結果が笑えないのであえて載せません。
そういうわけで、現状邦楽曲数はざっとみた感じですと、非常に少ないと言えるでしょう。

ちなみに「ジャンル&気分」というところからはムードなどに合わせて曲を選曲できます。
日本版だけだと思いますが、「J-トラック」というものもあります。ただ、J-POPメインかと思えばジャズとかがメインなのでなんか僕的には違うなあ、というものがあります。

ジャンル&気分はだいたい20個ぐらいジャンルがあり、タイル状に並んでいます。

他に、クライアントにはiTunesにある曲などを参照してくれる機能もありますが蛇足なのでこちらでは紹介しません。

有料版を使ってみたい?

有料版は曲を無制限(無料版は広告が入り、月15時間まで。つまり実質1日30分ほどに限られる)に聞いたり、オフライン聴取(実質ダウンロード)、高音質で聴くことができます。音楽好きは是非登録すべきプランと言えるでしょう。音楽好きでない方も無料で使えるのでお得なサービスです。
有料版は980円/月のようです。初回30日無料。左側「もっと見る」から見ると、1年一括納付で11760円だそうです。Google Play Musicなどをだいぶ意識した値段と言えるでしょう。カードはVisa/Master/JCBが使えます。アメリカで使えるPayPalは使えないようです。あと、年間払いしても得にはなりませんので初回は絶対月払いの方がいいと思います。

Spotify有料版登録画面

まとめ

現状はスタート直後ということもあり非常に熱いサービスです。ですが、僕的には予想に反して邦楽が少ないように感じました。この辺りは充実が求められます。ですが、他の機能や洋楽は非常に充実していると言えるでしょう。また、無料で使えることも勘案すると非常にオススメなサービスです。是非一度使ってみてください。ちなみに蛇足ですが記事書くのに2時間と通常の倍を要しました。

ご利用はこちらから

招待コードリクエスト、ご利用はこちらからどうぞ。

Spotify(現状アフィリエイトはないようですのでトップページへ)

この記事は最終編集から一年以上経過しております。この記事に書かれた内容をご利用・実践される際は十分ご注意ください。

Sponsored link

Sponsored link

Comments are closed.