WordPress Advent Calendar 2016を開催します

福田です。WordPress Advent Calendar 2016を開催します。今回はその概要についてお知らせします。

Sponsored link

なぜ僕が開催することになったか

実は他の方でWordPress Advent Calendar 2016を作っていらっしゃるかたがいたのですが、参加者2名さらにミススペルしていたため「う〜んこれ戦略ミスあるよね」思い、代わりに僕が開催しようと思った次第です。

概要

期間はAdvent Calendarというだけあって、12/1~12/25です。
また、参加人数の最大は25名。現状(11/13)、18名が応募されており、残り7名となっております。
25名を超過した時点で当サイトで参加に漏れた方用のAdvent Calendar募集フォームも作ります。
WordPress界隈では名の知れた方々もたくさんいます。

WordPress Advent Calendarについての歴史

WordPress Advent Calendarについての過去もちょっと触れておきます。
ざっくり調べた限りではWordPress Advent Calendarは2011年~毎年続いているようです。
2011年は電子書籍化もしたようです(参考:gihyo.jp)。
2012,2013年は学生有志(K氏とT氏が主に主導しておりました)がwpac.infoというドメインを取得、そちらで募集を行っておりました。記憶が定かであればどちらも25名全員参加されていた気がします。ですが、現在このドメインはどういうわけだか保持はされているものの(今年の11/10にお名前.comでドメイン更新+ゲヒルンのDNSが設定されています)、DNSレコードは消滅しています。過去サイトのメンテナンスコストなどが原因でしょうか。蛇足ですが僕が参加したのは2012年からです。ちょうどWordCamp Tokyoに参加したのもそれぐらいからです。
2014年はQiitaで募集しておりましたが、どういうわけか9名しか集まらなかったようです。さらに実際投稿された方は6名。過去のAdvent Calendarの中で一番参加者の少なかった年です。
2015年は昨年の結果を踏まえてか、25名+25名の合計50名が応募されました(Part 1,Part 2)。Advent CalendarのURLの末尾番号は連番で振られているので、そこから推測すると非常に早い時期に埋まったことが推測できます。
そして現在に続きます。

応募はどこから?

応募はAdventarでお受けしております。

参加者数の特徴

参加者数をざっくり見ると、QiitaでWordPress Advent Calendarを実施する回は少なく、また開催したとしても人が集まりにくいことがわかりました。まあ、宣伝戦略の難もあるかも知れませんが…。さらに、WordPress界隈で影響力のある方が実行すると人が集まりやすいこともわかります。
今後の運営は誰になるかわかりませんがとりあえず運営の参考に。

Sponsored link

Sponsored link

Leave a Reply