グランクラス乗車記

北陸新幹線W7系のグランクラスに乗車しました。シート、2015年12月の東京編の和食弁当、その他飲み物、感想などを掲載します。

Sponsored link

今回乗車したのは北陸新幹線 はくたか559号 金沢行きです。
E7系でした。マークは「7」を模しているように伺えます。
E7系のマーク
入線後、数分~10分ほど車内清掃の時間があります。
その後、ドアが開きます。
ドアの横にはグランクラスマークがあります。
グランクラスのマークとドア開き中のシーン
そして、中に入ると数少ない座席があります。(撮り忘れました)
座席はリクライニングが可能で、フルリクライニングにするともはや立ち上がれなくなるぐらいまで倒れます。画像からも沈み込んでいるのがわかります。
グランクラスの座席
そして、上野発車後ぐらいに軽食(もはやほぼ昼ごはんですが)の和洋の希望と、おつまみやその他飲み物、お菓子の必要の有無の聞き取りがあります。
僕は和食を選びました。大宮発車後ぐらいに全てが揃います。
外観は次の写真の通りです。おつまみは亀田製菓が提供しているようです。お菓子はケーキがもらえます。こちらではアップルジュースを頼みました。
ちなみに飲み物はソフトドリンクだとホットでコーヒー、紅茶、緑茶、ハーブティーが選べます。コールドだと、黒烏龍茶、アップルジュース、ダイエットコーラ、ミネラルウォーターが選べます。もちろん、持ち帰りは禁止です。
グランクラスの食事

グランクラスのおつまみ(亀田製菓製)

グランクラスのお菓子はパウンドケーキでした。

味はさすがグランクラス、お弁当でも美味しいです。お品書きはこの時は次の通りでした:

  • 鰤照焼
  • 玉子焼
  • 合鴨スモーク
  • 干柿チーズ風味寄せ串
  • 野沢菜煮
  • 飾り人参煮
  • いかと鮭の麹漬け
  • 煮物
  • 野菜入り鶏団子
  • 春雨巾着
  • 蓮根
  • いんげん
  • 生麩
  • 季節御飯

おかわりが自由なので、飲み比べを、ということでハーブティーを頼んでみました。しかしゴールドラウンジとは違って一種類しかないようです。味は本当にハーブみたいなのでちょっと僕は苦手でしたね。

グランクラスのハーブティー

他、スリッパがもらえます。スリッパはまぁー…それなりです。なんというか。ちゃんとした袋に入っていて素敵です。もちろん雑誌もあります(JR西日本と東日本のそれぞれ一冊、合計二冊。西日本は西Navi 北陸、東日本の方は新幹線車内誌のトランヴェールです)。

グランクラスで提供されるスリッパ

スリッパの入っている袋

その他、お願いすればアイマスク、靴ベラ、ブランケットなども貸していただけるようですが、短距離(1時間30分)の乗車なのでお願いしませんでした。

サービスについて少し触れますが、降りる際に人が少なく、かつ親切なアテンダントさんだとちょっとアンケート?っぽいですが目的は何かを聞いていただけたり、観光名所を教えて頂けるなどしていただけます。あとちょっと痒いところに手が届きます(飲み終わってひと段落すると回収していただけていたり、荷物を不精して座席から手を伸ばして降ろそうとするとおろしていただけたり…など)。素敵です。

弱点としては、狭いことですね。座席が広いのですが、少し厚いジャンパーなんかをかけるとすごい圧迫感があったりします。
他に、フルリクライニングを掛けると僕のようなぶっとい足だと横のドリンクホルダーを広げた際にできるところに足が当たります。まぁ痩せろっていう話になりますが。そして普通車だったら…もっと狭いことは違いないのですが。

Sponsored link

Sponsored link

Comments are closed.